大森の整体なら「かさはら整骨院」

かさはら整骨院はどんな方が行くところ?

慢性症状や長く痛み、痺れでお困りの方

 
他整骨院の一般的な施術対象は他ページでお伝えしたように、【急性外傷】に限ります。いわゆる【捻挫 肉離れ 打撲 打撲 骨折】の症状を健康保険内で施術をしていきます。なので【慢性症状】に関しては本来の保険施術はできません。
 
また、整形外科でも慢性症状を対処することはありますが、なかなか改善に結びつかないケースも多々あります。臨床を重ねていく中でそういった方を救いたい!急性以外の症状でな悩まれている方、やりたいことができずに苦しんでいる方に、もっとできることが私にはあるはずだ!そういう願いや意志のもと、かさはら整骨院を開業しました。
 
なので
・保険施術では改善ができなかった方
・慢性症状で長く苦しんでいる方
・手術をしたけれども変化がなかった方
・手術をしないで改善したい方
 
などでお悩みの方は是非一度ご相談いただければと思います。
 

その他のケア

 
ですが昨今、健康意識が高まっている現代において、怪我の予防の意識や、治療以外の体のメンテナンス、体力づくり、整体に行くなど体に対してのい関心はとても高まっております。ですので、施術をしてお悩みを改善できた方お客様に関しては必要に応じて【メンテナンス】という形で皆様の健康のサポーターとして利用していただければと考えております。
 

かさはら整骨院が大事にしていること【自立】

 

手段はなんでもいいんです

 
他整骨院ですと、電気治療や温熱療法、マッサージ等の手技療法を扱うところがほとんどです。鍼灸院ですとそこに鍼治療などの施術を選択するところもあります。手技に関しては院ごとに色がありますので、さまざまな手技が世に溢れている状態です。他にはカイロプラクティックなどのバキボキと関節を鳴らす施術、ただ触れるだけの手技(もはや触れたのか触れてないのかわからない手法)、気功などなど。
 
正直なことろ、お客様が改善するんであれば療法、施術のやり方は【なんでもいい】と思います。笑

ただ、かさはら整骨院で1番大事にしていることはお客様が【自立できること】です。
例えば、腰が痛くてご来院された方が1回目の施術でほとんど痛みがなくなりました、もしくは嬉しいことに全く痛みがなくなりました。では、施術はこれっきり。もう来なくていいよ、痛くなったらまたおいで。というやり方はしておりません。なぜかというと、【腰が痛くなった原因を除去しきれていない】からです。

 
 

症状の原因は【生活習慣】

「え?痛みがないんだから除去できたでしょ?」と思われるかもしれません。ですが、これではまた腰痛を繰り返す未来は変わっていません。なぜなら腰痛になった原因は明らかに「日常生活の悪い癖」にあるからです。ぎっくり腰もたまたま重たいものを持ったからなったのではなく、その時の姿勢や、疲労具合、体の使い方の癖…色々と相まって重なった結果、腰が痛くなります。
 
お客様にはその癖に自分で気づいていただき、どうすべきか、どのようにしていったらいいかを【しつこいくらい指導】していきます。そうすることで、今後、腰が痛くならないように【自分でケア】できるようになって初めて腰痛で悩まなくなります。
 
今の状態は【今までの生活習慣】の結果なんです。
 
 

自立するためには?

 

自分で「何が悪かったのか」気付くこと

身体を改善するために、さまざまな病院や施術を受けると思います。ですが、先ほどお伝えしたように今の体の状態は悪い生活習慣です。施術をしておしまい!手術をしておしまい!では決していけません。肺がんの原因がタバコの吸いすぎでした、手術をして、綺麗な肺になりました!もう大丈夫です!…では、タバコをまた吸う習慣に戻しますか?何のために手術をなさったのでしょうか?
 
タバコの習慣はやめますよね。
 
 
虫歯の治療で神経を抜かなくていけないレベルでした。キュインキュインと歯を削り虫歯を削り、やっとこ神経を取りました。「はい!痛みを発する神経は完全に抜けました!もう痛みは大丈夫ですよ!」と、歯におポッカリ穴が空いた状態でおしまいにしますか?しませんよね。仮歯を入れるまでの、食事制限、歯の手入れの仕方、今後の方針を教えてくれますよね?
 
 
身体も全くといっていいほど同じです。痛みが取れました!おしまい!ではまた同じことを繰り返すのです。痛みが出てしまった悪いことを見直さなければなりません。それには、施術をした結果、どういう経過を辿るのか、しっかりと見定め、お客様の生活背景を熟知した上でストレッチや運動の指導をしていきます。そうして本来あるべき身体の状態へと導いていくことが我々の仕事ですし、お客様自身もしっかりと【なぜ悪くなったのか把握すること】が自立への第一歩となります。
 

自立第二歩目、【基盤作り】

 

無意識でできるようになるために

運動やストレッチも本当に簡単なものから始めていきます。「こんなことで筋肉つくの?」と思われるレベルから始めます。なぜかというと、そんな基礎的なところから身体は使えなくなっています。建物でいう大黒柱を立てる前の基盤部分ですね。ほとんどの方の悩みはそこが不安定になっているにもかかわらず、不要な部分を鍛えてしまう、ストレッチしてしまうケースがあります。地震が起きて崩れそうになっている家の、外側ばかりを補修しているようなものです。その基礎固めを徹底的に教えていきます。
 
小学校の頃にひたすら足し算、引き算、掛け算やりましたよね?だからそこまで悩まずに不便なく日常の計算はできると思いますし、少し高度な計算もできるようになっているはずです。身体も同じ、基礎部分しっかり意識して鍛えてあげないと、無意識に使うことはできません。赤ん坊が立つのにどれくらい練習してますか?そこから歩くなるようにどれくらいですか?大人になって立つことがきつい方、歩くことが難しい方はそれくらいの期間は改善するのに要する、というくらい大事な部分が弱りきってしまっています。
 
無意識でできるようになるように意識下で練習を徹底して行う、これが自立への第二歩目です。これが当院でいうところの普段使えていない、【インナーマッスルを鍛えましょう】の部分になりまし、他院ではあまり行っていない一番の特徴でもあります。

インナーマッスルが大事であることは次項目でお伝えしていきます。

 
大森の整体なら「かさはら整骨院」 PAGETOP