膝痛・変形性膝関節症

  • 階段を下りているとき膝が痛む
  • 膝のo脚が前よりも強くなっている
  • 病院で痛みの原因は体重のせいだと言われた
  • 痛みを気にせず趣味やスポーツや旅行を楽しみたい
  • 痛むたびにヒアルロン酸の注射をしている

膝が痛い理由は、「老化」「肥満」だと思っていませんか?
そんなことはありません、そもそも、痛い部分に原因があるとは限らないのです。

膝が痛くなる原因と対処

施術写真

”変形性膝関節症”と診断された方の多くの方は、痛くなる理由として「老化」「肥満」と指摘されることがあります。
ですが、高齢になっても膝の痛みが出ない方はいらっしゃいますし、体重の重さ=膝にかかる負担による痛みであれば、お相撲さんのような超重量級のアスリートみんなが膝を痛がることになります。

膝に痛みがある方の大半は、痛みのある部分に「原因」があると考えておられますが、実は間違っています。痛み自体は、何かをした「結果」痛いのであり、「原因」というものは他に存在します。
難しいかもしれませんが、膝そのものに「痛みの原因」は存在しません。

では、一体なにが膝の痛みの原因なのか?
それは、膝に関わる筋肉にどれだけの「ねじれ」という負担が加わっているかです。
筋肉のねじれとは、普段の生活習慣で筋肉が凝り固まって癒着しバランスが崩れることで起きたり、何かの強い衝撃で通常の位置から外れたり、使うはずの筋肉が使われていない事で起こります。
痛みがある方は、間違いなく筋力が非常に落ちている状態で、痛くないときの体の使い方に修正をしていかなければ、膝の痛みを繰り返し続けてしまいます。

膝の痛みへの対処方法

施術写真炎症があるような膝の痛みの方には「冷やすこと」が効果的です。
炎症がある方は熱をもっているため、さらに温めてしまうと、オーバーヒート状態になります。
膝を温めるというのは対処療法で、温めると痛覚がやわらぐ・よくなったという錯覚がおきますが、回復に向かっているわけではありません。

逆に痛みを感じないからと激しく動かしてしまうことによる悪循環もありますので、注意が必要になります。

当院での膝の痛み、変形性膝関節症の施術

施術内容、施術方針

施術写真当院では、貴方の「筋肉のねじれ」がどこからきているのかまずしっかり初回でお時間をかけて見極めます。
見極めた後、使えていない衰えた筋肉をトレーニングしながら、手技でねじれや筋肉バランスを調整する手技を行います。
手技で正しい身体の状態に戻しながら、同時にトレーニングも行うというわけです。
しっかり施術していかないと、膝の痛みは軽減していきません。

また、貴方の自宅での努力も必要で、お家で出来るセルフケアもお教えしております。
手技以外には冷却対応する場合もありますが、冷えで神経痛がでる方もいますので痛みがでる方には行っていません。

当院では、 痛み止めの注射をうって、快方に向かわなかった方が来院されることが多いです。
温めたり、湿布をしたり、痛みがある膝ばかり対処しても改善は難しいです。

膝の痛み方による対応

スポーツで痛めた膝と、加齢で痛い膝は施術やお教えするセルフケアが変わってきます。
どちらも、使い方の間違った筋肉をしっかり正して、使えていない筋肉を鍛えます。

当院での施術のメリット

初回料金は、2980円でご案内しております。

回数券の取り扱いもしております。(回数の無理強いは行っておりません。)
最初に目標をお聞きして、その目標を達成するための施術回数や内容を、初回ですべてお伝えしております。 大まかなお値段の説明もしておりますので、安心して施術を受けて頂けると思います。

施術時間・理想的な施術期間

施術写真初めての方は、詳細なカウンセリングや身体の確認がありますので、90分程お時間をいただいております。
2回目からは、施術時間は30分となります。

膝の状態によって施術回数は変わってきますが、5~10回程通っていただき、しっかり毎回経過を確認していきます。
神経性の痛みの方は、根本的に良くするには施術回数がかかります。

関連動画

お客様の声

  • 左膝、左手、親指の付け根の痛み 50代女性

    整形外科では加齢のせいで膝が痛くなるといわれましたが実は違っていました。

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 膝の痛み 男性 20代

    半年以上悩んでいましたが、無事なおすことができて、大変感謝しています。

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 膝の痛み 30代男性

    営業で膝が痛いのが良くなりました!

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。