大森の整体なら「かさはら整骨院」

オスグッドを知ろう

スポーツ活動を行っているお子さんをお持ちの親御さま
こんなことがありませんか?

・子供から急に「膝が痛い」と言われた
・前々から膝が痛かったんだけど我慢して言ってくれなかった
・練習や試合の応援に見に行ったらいかにも膝が痛そうな走り方、歩き方をしている
・子供がやけに普段の階段の上り下りが痛そうにしている
・スポーツを休めば膝が痛いのはおさまるが、再開するとまた痛む
・膝のお皿の下がポコッと出ている

もしかしたら、それはオスグッドかもしれません
オスグッド病/オスグッドシュラッター病とも言います

小学生から中学生の間の子供が
大きく成長する時期のスポーツ少年、少女におきやすいため
【成長痛】という認識で広まっています

ですが、基本的にスポーツによって発症することが多いこのオスグッド
果たして【成長痛】という一言で片付けていいのでしょうか

まずはオスグッドとは
どこがどうなっているのか
どういう症状なのか

知っていきましょう

オスグッドの病態

膝の骨は大まかに
・大腿骨(だいたいこつ)
・膝蓋骨(しつがいこつ:俗にお皿の骨と言います)
・脛骨(けいこつ)
で構成されています

大腿骨の前側にある太い筋肉、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)という筋肉が
お皿の骨をまたいで
脛骨の前側上部にある脛骨粗面(けいこつそめん)という場所にくっ付きます

その脛骨粗面が大腿四頭筋(膝蓋腱:しつがいけん)によって
上方向に引っ張られることにより
脛骨粗面部が炎症を起こし
膝の前側の痛みとして現れます

また、牽引力が長期に働きすぎると
病院では骨が剥がれている、剥離している
と言われる方も少なくありません

レントゲンやMRIにて剥離した骨があれば
確定診断することができます

進行していくと
脛骨粗面部がぽこっと膨れている子供たちもいらっしゃいますし
親御さんの中には今現在でもぽこっと骨が隆起されている方も
いらっしゃるのではないでしょうか

※オスグッドと近いところで
鑑別が必要になるのが
・ジャンパーズニー、膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)
・シンディングラーセン-ヨハンソン病(SLJ病)
がありますが
こちらは別記事でご紹介します

症状

オスグッドでよく見られる症状は

・お皿の下の骨がぽこっと出ている/腫れて熱がこもっている
・その部分(脛骨粗面)を押すと痛い
・スポーツ中、またはスポーツ後に痛く、時間経過とともに痛みが引いていく
・休めば緩和するが活動を再開すると痛みが再発する

などが挙げられます

そのほか特徴として
・9歳〜18歳とスポーツをしている成長期の子供
・男女差はスポーツ人口比の多い男子に多い
・真剣にスポーツに取り組んでいる子供

近年、いろいろなスポーツが子供たちの選択肢と上がってきた今
このスポーツがオスグッドなりやすい
このスポーツならオスグッドはなりにくい
と評価される方もいらっしゃいます

それこそ一昔前は
ジャンプ競技に好発する(バレーボールやバスケット)
急激なストップ動作のある競技は起こりやすい(野球やサッカー)
と言われていました

多様性が広がった今
熱心に取り組んでいればいるほど
競技に関係なくオスグッドは発症しやすい
と思っていて下さい

 

コラム執筆・監修者

かさはら整骨院・整体院カウンセリング
院長 笠原 正男

厚生労働大臣認定 柔道整復師
JTAフラッシュリプロ療法認定インストラクター
KTRテクニック認定インストラクター

経歴
葛飾区内接骨院勤務 5年
大田区内整形外科勤務 4年
2018年2月  東京都大田区大森西三丁目
      かさはら整骨院
      かさはら整体院を開業

大森の整体なら「かさはら整骨院」 PAGETOP